So-net無料ブログ作成
検索選択

退院日(手術後9日目・入院13日目)・子宮全摘開腹手術・最終回です。^^ [子宮筋腫 子宮全摘開腹手術 入院・手術]

久しぶりに子宮全摘出開腹手術の続きを書きたいと思います。

初めての方はこちらからどうぞ。↓
>>子宮筋腫のため子宮全摘出開腹手術を受けました


先に現状を書きますね。

術後、約8ヶ月経ちます。
経過はとても順調で、手術をしたことも忘れてしまっているぐらいです。
斜め掛けバックを肩にかけて、バッグがおへその下の
開腹した傷に当たっても、もうまったく痛くありません。

ただ、傷跡は術後2~3ヶ月経つと見慣れたと思っていましたが、
今は手術をしたことを忘れてしまうぐらい調子がいいので
お風呂で体を洗うときに傷を見ると、目立ってビックリする時があります。(汗)
不思議なもので、今の方が傷跡が気になります。

それでも、術直後の縫った傷跡は、黒さが少しだけ薄くなっています。
場所が場所だけに、写真をうまく撮れないので、
画像を載せるのは止めておきます。
誰も見たくないでしょうし。^^;

子宮を取ってしまうと、更年期障害が早まるとよく聞きますが
私は若い頃から更年期障害の症状(イライラ、落ち込む、倦怠感、顔ののぼせなど)
があったので、気になりません。

ただ一つ残念なことは、以前私と同じ高血圧の女性が
子宮全摘開腹手術を受けた後、思いがけず高血圧が改善したらしいんですね。
(その方のブログで拝見しました。)
でも私は、高血圧は良くなりませんでした。(涙)
ちょっと期待したんですけどね~。
(もちろん、高血圧改善のために子宮全摘をしたわけではありません。)

生理がなくなったことで、貧血もよくなりつつあります。
出血はないのですが、今までの貧血分を取り返すために
今も鉄分のサプリを飲んでいます。
主治医に言われたわけではありませんが、もうしばらく飲み続けるつもりです。

まれに子宮全摘手術をしたことで、体調が悪くなると聞くこともありますが
私の場合は大丈夫です。^^

それでは、前置きが長くなってしまいましたが退院日のことを書きます。
よろしければ読んで下さいね。



子宮全摘開腹手術・退院日(手術後9日目・入院13日目)

毎朝、朝食前に血圧測定をするのに、今朝は測りに看護師さんが来ません。
退院日だからでしょうか?

7:30 朝食完食!
あいかわらず、画像が悪くてすみません。
この時持っていた古いコンデジが故障していて、ブレてしまうんです。

病院食 朝食

朝食で完食するのは初めてです。病院食もこの朝食が最後です。
メニューを考えなくていいし、作らなくていいし、
すごくおいしかったわけではないけれど、病食は私にとってとても嬉しい食事でした。
食後は降圧剤と痛み止めの薬をのみ、お腹の痛みがひくまで横になりました。

8:50 トイレに行ったついでに
受付においてある血圧測定器で自分で測りました。131/80でした。
降圧剤を飲んでいるわりには高いけど、入院最初の頃よりかなり下がりました。

9:10 主治医ではない先生の回診がありました。
お腹の手術後の傷を診ると思ってベッドに寝転んだままでいたら
「今日で退院ですね。無理はしないように。」とおっしゃっただけで
傷を診ようとされなかったので、慌てて起き上がって
「ありがとうございました。」とお礼を言いました。

その後、血圧を測りに看護師さんが来ました。 130/86でした。
私がさっき測った時とほぼ同じぐらいです。

退院の身支度をして、病院の事務員さんが請求書を持って来てくれるのを
ベッドに横になって待ちました。

10:20 娘が到着しました。あれ?娘よ、なんで来たの?
別に来てくれなくてもよかったんだよ。
「お父さん(夫)は?」と聞くと
「すぐに来るよ。」
娘と話していると、病院の事務の方が入院と手術の請求書を持って来てくれました。

10:40 夫が到着しました。
私一人で帰っても良かったのですが、
看護師さんに一人で帰らないようにと言われていたので、
来てくれてよかった・・・ということにしておきます。

退院の準備が整ったので、看護師さんをナースコールで呼んで
(呼ぶことになっています)
忘れ物がないかチェックしてもらいました。
「ありがとうございました。」とお礼を言って病室を出ました。

一応、スタスタと歩けるものの、お腹の傷やお腹の中は痛みがあり、
スッキリといい気分で退院するわけではありません。
開腹手術をすると、最低でも一ヶ月は仕事を休まないといけないと
主治医に言われましたが、その通り一ヶ月は仕事はできなさそうな
鈍い痛みがあります。
仕事は集中できないと思います。
私はパートの仕事を辞めてから、子宮全摘開腹手術に臨んだので、
しばらく家でゆっくり休みたいと思います。

会計へ行き、入院と手術費用を払います。
手術費用は、手術前検査の時に看護師さんから約25万円かかると
教えていただきました。

限度額適用認定申請(高額医療の事前申請)をしたので
いくらになるかな?どれくらい安くなるかな?と思いながら
限度額適用認定証を渡すと請求書がすでに安くなった金額で書いてあり、
その金額をクレジットカードで支払いました。
(入院時に限度額適用認定証のコピーを受付に渡しておきます。)

限度額適用認定申請をすることで、
入院費用(食事や薬代など)と子宮全摘開腹手術費用がいくらになったかは、
我が家のおおよその年収がわかってしまいますので、割愛させていただきます。^^;
(年収によって支払金額が変わります。)

入院手術費用を支払った後、夫の運転で自宅に帰りましたが、
車に乗っていると、振動でお腹が少し痛くなりました。
自宅に着いた時には疲れてしまい、ソファでしばらく横になって休みました。

翌日からは、普通に家事をしましたが、
休み休み、ゆっくりと動くようにしました。
本当に体が楽になったなあと実感したのは、やはり一ヶ月たった頃でした。

現在、幸い新しいパートの仕事が見つかり、そこで私と同じ子宮筋腫のために
子宮全摘した方がいるのですが、私の開腹手術と違って腹腔鏡手術をされたんですね。
筋腫があまり大きくなく、数個あっても、腹腔鏡手術ができたとのことです。
やはり、体の回復は早かったようです。うらやましい~。
でも、もう済んだことです。
私は筋腫が大きかったので、開腹手術でないと無理だったのだと思います。

私がブログに書いたことがすべてではありません。
参考程度に読んでいただければ嬉しいです。

以上で、子宮全摘開腹手術の体験記を終わらせていただきます。
子宮全摘で検索をして私のブログにたどりついて読んでいただいた方々、
長い間お待ちいただき、そして読んでいただき、本当にありがとうございました。

また、後日、文章の修正や加筆をさせていただくかもしれませんが
これで終了させていただきます。^^




nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました